桃のおいしい食べ方​

桃が好き!と一口に言っても、硬い桃が好きな方、柔らかい桃が好きな方がいらっしゃいます。そこで、それぞれどうすればおいしく食べられるのかご紹介します。

硬めの果肉がお好みの方

ご購入後あまり時間を空けずにお召し上がりください。カリッと歯ごたえのある桃が召し上がれます。

柔らかめの果肉がお好みの方

常温で2、3日置いていただきますと、柔らかくジューシーな桃をお楽しみいただけます。

どちらの食べ方にも共通して言えることですが、常温よりも冷やして食べた方がおいしく食べられます。

しかし、冷蔵庫で長時間保存すると甘みが減ってしまいます。すぐに召し上がらない場合は、風通しの良い冷暗所で保存して下さい。

食べる2時間前に冷蔵庫に入れるのがオススメです。

スーパー等でご購入された桃は、収穫後 数日経っています。その場合、果肉は既に柔らかくなっているため、早めに召し上がることをオススメします。

硬い桃というのは新鮮さの証明ということにもなりますね。

当農園では収穫したその日に商品の発送をし、新鮮な桃をお届けすることを約束します。

桃の品種によっても果肉の柔らかさや、果汁の量が変わります。

色々な品種を食べ比べてみて、自分のお気に入りの品種を見つけてみても面白いかもしれませんね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。